ビックカメラSuicaカードのメリットについて

 - 

このカードを実際に使ってみて感じる最大のメリットは、カード払いでもビックカメラのポイントが現金払いと同じレートで貯まることです。ビックカメラのクレジットカードですから当たり前と言えば当たり前なのですが、こと家電についてはこのメリットが本当に大きなメリットになると感じています。冷蔵庫・洗濯機・テレビ・パソコンなど10万円を超える買い物でも、このクレジットカードを作る前はワザワザ銀行に寄って現金を引き出してから買い物をしていましたが、気に入った製品に対して微妙に予算が足りなかったりしたことがあったので、余分に現金を引き出したり、余分に引き出した割には気に入った製品が見付からず、また口座にお金を戻したりしていたものでした。入会金や年会費は無料なので、とりあえず持っておいて損は無いカードかと思います。


今は何でもカードの時代。

 - 

先日、社宅から賃貸のマンションに引越をしました。不動産屋さんも、初めて取引するコンサルティング会社に変わりました。以前住んでいたところは社宅でしたので、特に敷金や礼金。保証金。保証人はありませんでした。今回は賃貸に引越をするということで、もちろん賃貸ですので、保証人がいると聞いていましたので、保証人は実家の両親に頼む予定にしていました。しかし、契約が進むにつれて保証人と保証金の話になりました。近くに住んでいませんでしたので、すぐにサインはもらえませんが、すぐにもらってもっていきますので。と話をしたところ、今は保証人は立てずに、クレジット会社(保証会社)に保証人になってもらうそうです。なのでそこで、クレジットカードを作らされました。もちろん家賃もそのクレジットカードから引き落とされ、家賃の数%がプラスされ、保証料となり、毎月引き落とされます。もちろんクレジットカードの審査は通りましたが、これで審査が通らなかったら、引っ越せなかったのかと思います。何でもカードの時代なのか、保証人を立てられない人もなかにはいるのかと思うとこんな世の中なんだな。と思います。


クレジットカードに頼りたくもなる

 - 

クレジットカードを使い続けて、もう20年近くが経とうとしています。そして思うことと言えば、「クレジットカードがないと生活が困る!」ということですね。いや、銀行にはお金はちゃんとあるんですよ。けれども、現金を持ち歩くことで、気を抜けなくなるのでイヤなんですよね。バッグを置きっぱなしにできないというか。普段からクレジットカード払い中心ですから、現金がほとんど入っていない財布ですが、クレジットカードがなければ当然現金を持たざるを得なくなり、そして気が抜けない状況になるのです。だって、クレジットカードは他人が取ったところで気軽に使えませんけれど、現金はサクッと財布から抜いて誰でも使えますからね。そう考えますと、やっぱりクレジットカードに頼りたくもなるのです。


年会費も無料でポイントも貰えるカード

 - 

私が主に使用しているクレジットカードは、インターネットのECサイトが発行しているクレジットカードです。入会金や年会費も永年無料で、しかも入会する時にそのECサイトで利用できるポイントも貰う事ができます。日常生活では、ポイントが貯められそうな時にクレジットカード払いにして、ポイントを多く取得しています。例えば、会社の飲み会の時にも自ら清算役を買って出ています。酔っている人たちから料金を回収するのは手間のかかる作業ですが、支払いをクレジットカードでまとめて支払う事ができるので、多くのポイントを得る事ができます。また、出先などで予想以上に出費がかさみ、手持ちでは足りない時でも、クレジットカードならばスムーズに支払いを行う事ができます。


ゴールドカードで空港のラウンジ利用

 - 

信販会社に勤めていた時、社員はゴールドカードを作ることができました。ゴールドカードと言えば収入制限があったり年会費が高額だったりと作ることをはばかられるますが、すべて無条件で作成できました。さらに利用した際に付与されてポイントも2倍でした。普段使用していて他に恩恵は受けませんでしたが、旅行の際、空港を利用したときにラウンジが使用できました。申し込んだツアー会社の担当の方に言われ、初めてそんな特典がついているのを知りました。他にはなにかあるのか?と思い慌てて調べてみたら海外旅行時の保険も付帯していました。ツアー会社で海外旅行保険に加入するとそれなりの金額がするのでとても便利でした。ただ、同じゴールドカードでもセゾン会社で発行しているアメックスゴールドカードでは利用できませんでした。理由は分かりませんが、同じゴールドカードなのになと残念に思いました。


緊急時に活躍してクレジットカードの日常利用を始めました

 - 

ふとしたことでクレジットカードに助けられてから、現金と半々くらいの頻度で買い物時に使うようになりました。きっかけは週末の大型スーパーで大量に買い物をしたときのことですが、レジまできたときに財布に十分なお金が入っていないことに気づいたのです。お金が足りないけれど後ろは長蛇の列でATMでお金を下ろしてまた並びなおすことは考えたくないですし、それ以前にレジまできてお店の人にお金がないことを告げるのはとても恥ずかしいです。そのとき念のためにと思って財布に入れていたクレジットカードを使い、難を逃れて無事買い物を済ませることができました。その経験に加えてポイントがたくさんたまるというクレジットカードの利点も知って、それから頻繁に使用することとなったというのが、私が日常的にカード払いをするようになった経緯です。


ポイントが貯まるクレジットカード

 - 

普段の買い物をする中で、現金で支払いをするよりもクレジットカードを使って支払う方がより便利に活用が出来る事をご存じでしょうか。クレジットカードのポイントを貯める事で、ポイントを使って無料で買い物が出来たり、商品券等に交換する事も可能です。近年はスーパーやコンビニでもクレジットカードが利用出来る様になり、数百円程度の買い物でもポイントを貯める事が出来ます。現金で支払っても貯まらないポイントを、ただクレジットカードの支払いに変えるだけで良いため、まずはお持ちのカードがどの程度のポイントが貯まるのか確認をし、もしポイントがあまり貯まらないカードであれば、新たなクレジットカードの作成を検討しても良いでしょう。


初めてのクレジットカード

 - 

クレジットカードを初めて使った時の事をお話しします。ポイントが貯まるという事で契約したクレジットカードだったのですが、ちょこちょこコンビニなどちょっとした時だけ使っていたので、毎月3000円の引き落としがくるのを特に気に留めていませんでした。ちょこちょこコンビニくらいの使用頻度だったので、毎月こんなもんだろうと油断し、明細も特に見ていなかったのですが、リボ払いというのがあるのですね、私はクレジット契約をしてから一年以上経ってから気付きました。契約当初はリボ払いで設定されるものなのですね、それから、クレジットカードの残金を確認すると2万近く未払いになっていて、騙されたような気分になりました。それからすぐ、全額支払いコースに変更しました。


ドコモのdカードのお得情報

 - 

ドコモdカードは、クレジット機能の他にポイントカード、電子マネー機能が一体となっている便利なカードです。dカードはスタンダードカードとゴールドカードの二種類があり、年会費はスタンダードカードでは無料、ゴールドカードでは10,000円(税抜)です。カードの提示でも決済でもdポイントがたまり、たまったポイントは携帯料金やdポイント加盟店での支払いにも使えます。ゴールドカードには、初年度に携帯購入の際に使える優待券がもらえたり、携帯電話の紛失、盗難、修理不能の保障が購入から3年間、最大で10万円受けられます。また、国内の空港ラウンジが無料で利用でき、旅行保険も付いています。どちらのカードも家族カードが作成できます。スタンダードカードは2枚、ゴールドカードは3枚まで発行できます。ゴールドカードの家族カードは、1枚目が年会費無料です。


クレジットカード発行のハードル。

 - 

以前、クレジットカードを作るのに苦労したことがあります。それは、ビックカメラSuicaカードを作ろうとした時のことです。それまで勤めていた仕事を辞めて、無職の状態の時に、ビックカメラSuicaカードを作りたくて申請したところ、否認されてしまいました。無職の状態でしたから、仕方ないかなと思っていました。その後、個人事業主になってから同じように申請をしたところ、また否認されてしまいました。たとえ個人事業主であっても安定した職種ではないので、ビックカメラSuicaカードを作ることはできなかったのだなと思い、諦めていました。ある日、インターネットのポイントサイトを見ていたところ、これまでなかったビックカメラSuicaカードのバナー広告が出ていました。これは、ビックカメラSuicaカードが募集をかけないといけないくらいの事情があって、広告を出さざるを得ないんだなと思いました。そして、すぐにまた同じように申請をしたところ、ビックカメラSuicaカードを作ることができました。たとえクレジットカードの発行のハードルが高くても、カード会社の事情により、ある時からそのハードルが低くなることもあるのではないかと、私は思っています。