クレジットカード発行のハードル。

 - 

以前、クレジットカードを作るのに苦労したことがあります。それは、ビックカメラSuicaカードを作ろうとした時のことです。それまで勤めていた仕事を辞めて、無職の状態の時に、ビックカメラSuicaカードを作りたくて申請したところ、否認されてしまいました。無職の状態でしたから、仕方ないかなと思っていました。その後、個人事業主になってから同じように申請をしたところ、また否認されてしまいました。たとえ個人事業主であっても安定した職種ではないので、ビックカメラSuicaカードを作ることはできなかったのだなと思い、諦めていました。ある日、インターネットのポイントサイトを見ていたところ、これまでなかったビックカメラSuicaカードのバナー広告が出ていました。これは、ビックカメラSuicaカードが募集をかけないといけないくらいの事情があって、広告を出さざるを得ないんだなと思いました。そして、すぐにまた同じように申請をしたところ、ビックカメラSuicaカードを作ることができました。たとえクレジットカードの発行のハードルが高くても、カード会社の事情により、ある時からそのハードルが低くなることもあるのではないかと、私は思っています。


給料日前、生き延びるために使います。

 - 

以前は頻繁に利用していましたが、支払高が高くて、いつも預金通帳が残高不足になってしまい、これではいけないと、最近現金派に変わりつつあります。お金は手元にある分しか使えないと目に見てわかるので、使いすぎを防ぐことができます。収入が少ない我が家には、クレジットカードはなかなか難しいと痛感しました。とはいえ、どうしても解約できません。というのも、「今月どうしてもお金がない!!でも食べるものはどうしても必要だし」「子どもの学校に関する持ち物で急な出費が増えた」など、借金してでもお金が必要になるタイミングが必ずあります。そんな時クレジットがあるとなんとか、生き延びることができます。もちろんこれも借金なのですが、家族や闇金融に借りることなく、なんとか物が手に入ります。正しい使い方ではないとはわかっていますが、我が家では給料日前の困った時などにたびたびお世話になっているカードです。


即日発行できるクレジットカード

 - 

クレジットカードの発行には、審査や書類の送付など、2週間くらいかかる事も多いです。しかし、三菱UFJファイナンシャルグループのアコムが発行するACマスターカードなら最短で即日発行が可能です。即日発行するためには、次のような手順で行います。まずは、インターネットからACマスターカードの申し込みをします。すると2~30分ほど後に仮の審査結果が届きます。その後クレジットカードの発行対応のむじんくんの機械がある場所へ行き手続きします。本人確認もむじんくんで行うので、郵送でのやり取りがなく、スムーズです。ACマスターカードは、ショッピングでの利用限度額が300万円、カードローンでの融資額が最大で500万円と高く、今すぐまとまったお金がいる人には最適です。おすすめの他の理由は、カードのデザインがパッと見ただけだとアコムのカードだと分かりにくいいことや、利用明細が自宅に郵送されずにお店やATMで確認できるので、家族や周りの人にアコムのカードを使っていることがばれにくいことが挙げられます。他のクレジットカード会社の審査にくらべると難易度が低めで、クレジットカード即日発行が出来るので、他社で既に借り入れがある方はもちろん、初心者にもおすすめなカードです。


ヨドバシカメラのクレジットのご紹介です

 - 

 家電好きな方にお勧めするクレジットカードといえば、こちら、ヨドバシゴールドポイトカードプラスです。お勧めの理由はまず、年会費は基本無料な点です。次年度からの費用も一切かかりません。 無料で作ったクレジットですが、ポイントカード機能が搭載されており、そのまま今までのポイントカードと同じように使えます。更に、支払いをクレジットですると1%のポイント還元があります。 次に、手軽に作れるところです。もし作りたければ、インターネットのヨドバシカメラのサイトか、店頭で店員さんに声をかければ、その場で入会端末に入力するだけです。20分程度で審査が完了しますので、専門カウンターで結果を聞くだけ。白い仮カードで、ヨドバシカメラ内であれば即日お買い物できます。 ついでにこちらのカードですが、時期によればポイントプレゼントキャンペーンもやっていますので、その時期は見逃せません。 更に、お買い物プロテクションという機能がついており、ヨドバシカメラで買った商品1点につき免責3000円で、年間100万円までの保証が付いてきます。買ってから90日以内が保証期間で、私はこれを使って、引っ越し時に壊したテレビを買い戻すことができました。 機能面で言えば、いたって普通ですが、家電量販店でお買い物をすることが多ければ、お得にご利用いただけるカードだと私は思います。ついでに、カードが黒いので、ちょっと高級感もあって、持っておいて損はないカードかもしれません。


楽天カード

 - 

楽天カード、かれこれ7年愛用してます。楽天カードのメリットとしては審査が比較的緩め・年会費無料・楽天ポイントの活用のしやすさという部分があり、非常に使い勝手が良いからです。ポイントの還元率も基本的に1%ですが、楽天市場では結構な頻度でポイント○倍というキャンペーンを定期的にやってるのもあり、ポイント稼ぎがしやすいです。日常的に使う分だけでも結構貯まるので、そこは他のカードにない魅力なのかなと思います。あと余談ですが、楽天プレミアムカードは年会費10800円かかりますが、特典として「プライオリティパス」が付いてきます。主要空港のラウンジを活用できるものになるんですが、非常にお得です。(通常40000円程度かかるので・・・)その他特典もいろいろ付いてきますので、楽天系列のサービスを頻繁に使う方は選択肢としてはこれ一択と思いますし、最近は格安simなんかも扱うようになったので、カードに合わせて移行していくのもありかもしれませんね。


クレジットカードとの上手な付き合い方

 - 

クレジットカードはショッピングで利用することはほとんどありませんが、毎月の光熱費をカード払いにしています。ショッピングで使っていた頃もありますが、使いすぎてしまうことと支払いが先になるため支出を管理し辛いことからネットショッピングでしか利用していません。光熱費はだいたい月の使用額もそれ程大きく変わりませんし、ただ口座引き落としにしておくだけでは何のメリットもありませんが、カード払いにするだけでポイントが付くので利用しています。光熱費と通信費の支払いがほとんどですが、年間5000ポイント程貯まります。貯まったポイントはコンビニでのお買い物に使えますので、外出先でコンビニに立ち寄った時に消化しています。旅費も払ってみましたが、こういう高額の支払いのうち一括で支払えるものはカード払いにすると少しだけオトクになりますね。


TポイントはTカードで!

 - 

Tポイント、つまりツタヤのポイントを貯めるなら、やはりツタヤのクレジットカード、Tカードプラスがおすすめです。ツタヤ各店で使うことができる上に、もらえるポイントはなんと倍!店舗によってはレンタルだけでなく、書籍やCD、DVDなんかの販売商品もあるので、ポイントがすごく貯まりやすく、お得だと思います。そして通常のTカードはカウンターで一年ごとの更新が必要になりますが、時期を忘れているうちに更新のハガキが届き、慌てることになったり、忙しくて店頭に行く暇がなくて時期が過ぎてしまったり…地味に面倒なんですよね。クレジット機能付きのTカードプラスなら、はじめに手続きしてしまえば、毎年の面倒な更新が一切なくなります。もちろん、カードはクレジット機能を使わずに、通常のTカードと同じく現金払いにすることも可能です。私はレンタル商品でも販売商品でも、頻繁にツタヤを利用するので、ポイントが結構すぐに貯まります。数千、数万ポイントまで貯めてから一気に使うと、まるでご褒美をもらったような、すごく得した気分になります。通常のTカードを持っていて、クレジットカードを作りたい方は、Tカードプラス一枚に統合してしまえば楽チンですよ。


楽天カードのポイントが素晴らしい

 - 

私は年会費無料の楽天カードを愛用しています。他にも何枚かクレジットカードを持っているのですが、楽天カードは、ポイントをすぐにお買い物に利用できて、すごくお得だと感じています。私の場合、年間を通してクレジットカードを使わなければならない場面が、それなりにあります。普段の買い物もそうですが、Visaがついているので、国外で利用するにもとても便利です。それらは必要があっての出費ですが、こうしてどんどんポイントは溜まっていきます。私の場合は、ここの所毎年5000円分程のポイントが自然に貯まるので、そのポイントで毎年欲しい物を購入することができています。今年は、前々からいいなと思っていた香水をようやくゲットしました。絶対お勧めです。


ポイントと交換する手続き方法

 - 

私の使っているクレジットカードは、ポイントを貯めると商品と交換できるシステムになっています。飲料水やお米、家電製品と交換したこともあります。ポイントと商品の交換は、インターネットから手続きをしています。欲しい商品とポイントを、照らし合わせてから交換するような流れです。交換の手続きが終わると、後日オーダーした商品が自宅に送られてきます。大手の運送会社から送られてくることが多いので、安心して商品を受け取っています。インターネット以外の交換方法は、はがきに希望の商品を書いて、送ってもらうこともあります。これは事前に、クレジット会社にポイントと商品の引き換えをお願いすれば、交換する商品一覧のようなものが送られてきます。そこから商品を選んで送る形です。


まとめてお得なクレジット払い

 - 

最近のクレジットカードは百貨店、スーパー、コンビニ等と提携して意外と簡単に作れてます。でも使われてないことが多いのも事実です。たくさんカードを持ってあちこちで使うよりも、まとめて使った方がポイントがたまってお得なのは当然です。では、実際どんな支払に使えるのでしょうか。毎日のお買いものはもちろん携帯代やインターネットの通信費に電気代、水道代が払える自治体もあります。新聞代や病院の治療費もクレジットの取り扱いをしている所もあります。病院代はともかく、毎月の固定費と呼ばれる費用をクレジットにしておけば払い忘れもなく、集金も気にしなくて済みます。貯まったポイントは金券やギフト券に交換すれば現金同様に使えます。